So-net無料ブログ作成
検索選択

銘仙図鑑(32) 青紫の笹の葉柄の銘仙 [銘仙図鑑]

銘仙図鑑(32) 青紫の笹の葉柄の銘仙
銘仙32-1.jpg
【番号】 032
【名称】 青紫の笹の葉柄の銘仙
【色柄】 青みががった紫色の時に、白銀、赤、水色で笹の葉模様を織り出す。
     織はかなり荒く、経糸の大きなツレが目立つ。
【技法】 経糸捺染。
【産地推定】 足利(栃木県)??
【年代推定】 昭和5~10年頃(1930~1935)??
【所蔵者】  YUKO
銘仙32-2.jpg
↑ 赤の笹の葉。
銘仙32-3.jpg
↑ 水色の笹の葉。
銘仙32-5.jpg
↑ 織が比較的良好な部分。
銘仙32-4.jpg
↑ 大きなツレがある部分。

【着装】
銘仙32-6.jpg
↑ 地色の青紫との対比で笹の葉の赤と白抜けがよく目立つ。
銘仙32-7.jpg
↑ 地の青紫色は化学染料特有の鮮やかな発色で、強い印象を与える。
銘仙32-8.jpg
↑ 柄よりも色で勝負という着物だろう。
(モデル&コーディネート:YUKO)

【関連リンク】
YUKO「気楽に楽しく美しく・銘仙の女」 紫地笹着物
http://yukomeisen.blog.so-net.ne.jp/2014-03-11-3

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0