So-net無料ブログ作成

銘仙図鑑(39)多色使いの矢羽重ねの銘仙(羽織) [銘仙図鑑]

銘仙図鑑(39) 多色使いの矢羽重ねの銘仙(羽織)
銘仙39-1.JPG
【番号】 039
【名称】 多色使いの矢羽重ねの銘仙(羽織)
【色柄】 黒、白銀、青、赤、黄の五色で、重なった矢羽柄を織り出す。
     矢羽は緩い弧を描く曲線で構成され、房飾りが付く。     
     矢羽という伝統柄を大胆にアレンジした斬新なデザイン。
     かなり強い玉虫光沢がある。
     緯糸はところどころ節がある糸を用い、生地は緻密だが、織ずれはかなり目立つ。
【技法】 平織、緯糸捺染(横綜)。
【産地推定】 伊勢崎(群馬県)??
【年代推定】 昭和5~10年(1930~35)?
【所蔵者】 三橋順子

銘仙39-6.JPG
↑ シアンブルー(青)が鮮やか
銘仙39-2.JPG
↑ 白銀の部分に玉虫光沢が出ている。 
銘仙39-4.JPG銘仙39-5.JPG
↑ 織の状態。緯糸の織ずれはかなりあるが、それによる線の暈しが良い味になっている
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0