So-net無料ブログ作成

銘仙図鑑(46)田園風景模様の銘仙(羽織) [銘仙図鑑]

11月3日(木・祝)

1年間もサボってしまいました。
------------------------------------------------
銘仙図鑑(46)田園風景模様の銘仙(羽織) 
銘仙46-1.jpg銘仙46-2.JPG

【番号】 046
【名称】 田園風景模様の銘仙(羽織) 
【色柄】 青緑、赤、グレーの3色で、田園風景を織り出す。
     図柄はかなり細かく、洋風の家、畑、作物、果樹、和風の家などを織り出す。   
     洋風の家、畑、和風の家と畑の3カ所に金の緯糸を入れアクセントにしている。
     洋風と和風が混在する不思議な田園風景である。
     細かな図柄を上手に織り出し全体的な技術は高い。
     ただし、部分的にかなり大きな織りずれがあり、織の緻密さは上級品より下がる。
【技法】 平織、経糸捺染、解し織り。
【産地推定】 伊勢崎(群馬県)?
【年代推定】 昭和10年(1935)前後?
【所蔵者】 三橋順子
銘仙46-3 (1).JPG
銘仙46-3 (2).JPG
銘仙46-3 (3).JPG
銘仙46-3 (4).JPG
↑ 上から下に田園風景が展開する。

銘仙46-4 (1).JPG
↑ 金糸が入る洋風の家。
銘仙46-4 (2).JPG
↑ 金糸が入る畑。
銘仙46-4 (3).JPG
↑ 金糸が入る和風の家と畑。
銘仙46-5  (1).JPG
↑ 織りずれの状態
銘仙46-5  (2).JPG
↑ 左端にかなり大きなツレ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0